2010年04月20日

<名誉棄損>報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁(毎日新聞)

 06年に愛媛県松前町の男子高校生(当時16歳)が暴行を受けて死亡した事件で、高校生の遺族が「県警が誤った説明を報道機関にしたため名誉が傷つけられた」として、県に謝罪広告と慰謝料など690万円を求めた裁判の判決が14日、松山地裁であった。山本剛史裁判長(代読・濱口浩裁判長)は原告の訴えを一部認め、慰謝料33万円の支払いを命じた。謝罪広告は棄却した。

 訴状などによると、高校生は06年8月11日、松山市内で、元少年(当時18歳)から一方的に顔や腹部をけられるなど暴行されて死亡した。県警松山南署が「けんかの結果負傷し、死亡した」と発表し、その内容に基づき新聞各社が報道したため、「誤った発表で死者の名誉が棄損され、遺族の人格権も侵害された」と主張していた。

 傷害致死罪に問われた元少年は、刑事裁判で一方的な暴行を認定され実刑判決が確定している。【柳楽未来】

【関連ニュース】
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決

医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)
こいのぼりがお目見え=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
posted by ニツタ イツオ at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。